サッカーJ1・サガン鳥栖の3選手によるトークショーが1日、佐賀市のゆめタウン佐賀であった。金森健志、松岡大起、石井快征の3選手が、残留が懸かる7日の清水戦や来季への意気込みを語ったほか、チームメートや金明輝監督、選手同士の交流関係などにも触れた。練習や試合で見せる表情とは一転、それぞれのキャラクターが感じられる受け答えに、会場は和やかな雰囲気だった。

 札幌に0-2で敗れたホーム最終戦の翌日で、金森選手は「きのうは悔しかった。ホームで残留を決めたかった。申し訳ない気持ちでいっぱい」と唇をかみ、次節は「必ず勝って気持ちを見せたい」と力を込めた。夏に鹿島から移籍した時も残留を意...    
<記事全文を読む>