サッカーJ3のAC長野パルセイロは2日、元日本代表MFで2002年ワールドカップ(W杯)日韓大会に出場した明神智和(41)が今季限りで現役を引退すると発表した。クラブ側は来季の契約更新を提示したが、本人が引退を決断した。9日に引退会見を開く。

 神戸市出身の明神は、柏の下部組織から1996年にトップチームに昇格し、その後もG大阪や名古屋でプレー。2017年にAC長野に加入し、昨季まで主将を務めた。J1で497試合に出場するなどJリーグ通算555試合26得点。00〜03年には日本代表国際Aマッチで26試合3得点を挙げ、16強入りした02年W杯は3試合にフル出場した。...    
<記事全文を読む>