日本フットボールリーグ(JFL)は1日、最終節8試合があり、15位の松江シティFCは最下位(16位)の流通経大ドラゴンズ龍ケ崎(茨城)を1-0で下した。リーグは全日程を終え、松江シティは通算5勝10分け15敗の勝ち点25で15位となり、苦しみながら残留を決めた。




...    
<記事全文を読む>