サッカーの高円宮杯U-18(18歳以下)プレミアリーグ東地区は1日、静岡市清水区のアイスタ日本平などで第17節3試合を行った。清水ユースと磐田ユースのダービーは1-1で引き分け、ともにプレミア残留は決まらなかった。
 試合は後半3分、清水ユースが川本梨誉のゴールで先制。磐田ユースは13分に長谷川夢作のシュートで追い付いた。
 1試合を残し、清水ユースは勝ち点22で5位、磐田ユースは同20で8位。9位以下がプレーオフに回る。

 ■清水Y監督 「選手は死力」
 宿敵に追い付かれてのドローにも、清水ユースの平岡監督は「選手は死力を尽くして戦...    
<記事全文を読む>