◆2-0でテゲバジャーロ宮崎に勝利

 日本フットボールリーグ(JFL)で史上初の四連覇を達成したホンダFCが一日、浜松市北区の本田都田サッカー場で、テゲバジャーロ宮崎と最終戦を行い、2-0で勝ち、有終の美を飾った。

 ホンダは0-0で迎えた後半18分、DF堀内颯人選手(23)が右足で先制点。これで勢いに乗ったホンダは同29分、FW大町将梧選手(27)が追加点を奪い、ダメを押した。

 また、ホンダは試合後、今季最多の約千六百人の観客を前に、優勝セレモニーを行った。優勝カップを掲げたDF鈴木雄也主将(28)は「こと...    
<記事全文を読む>