サッカーJ3首位のギラヴァンツ北九州は1日、北九州市小倉北区のミクニワールドスタジアム北九州で7位のガイナーレ鳥取と引き分けた。2位の藤枝MYFCが同日のYSCC横浜戦で敗れ、クラブ初タイトルとなるリーグ優勝が決まった。スタンドに詰め掛けた8320人のサポーターと選手は歓喜に沸いた。

 前半は相手の早いプレスに苦戦した。前半18分には抜け出した相手選手に先制を許す。DF新井博人選手(23)のゴール前へのクロスに、FW町野修斗選手(20)が合わせる惜しいシーンもあったが、得点には至らなかった。

 後半は早々から猛攻。4分にはMF高橋大悟選手(20)のパスを町野選手...    
<記事全文を読む>