FW鈴木が終了間際に価値ある追加点を奪った。後半ロスタイム、MFルーカスが右サイドを突破してクロスを供給。GKがはじいたこぼれ球に反応し、落ち着いて流し込んだ。「もう少し早く相手の息の根を止めるカウンターの精度や、ゲーム展開にできたら良かった」と満足はしなかったが、キャリアハイを更新する13得点。最終節川崎戦に向け「絶対に勝ちたい。何が何でもホームで勝つ。点を取って締めくくりたい」と次戦を見据えた。

...    
<記事全文を読む>