サッカーのJ1・サガン鳥栖はホーム最終戦となった札幌戦後、サポーターの応援に感謝を伝えるセレモニーを開催した。金明輝(キン・ミョンヒ)監督や選手がピッチに立ち、「1年間、熱い声援をありがとうございました」とサポーターに向かって一礼した。

 今節敗れたことで、J1残留の行方は7日の最終節・清水戦に委ねられた。主将のMF福田は「きょう残留を決められずに申し訳ない。次の試合は落とすわけにはいかない。今は胸を張らせてほしい」と話し、最終節をチーム一丸で戦うことを誓った。

...    
<記事全文を読む>