明治安田生命J1リーグ第33節は30日、鳥栖市の駅前不動産スタジアムなどで9試合があり、ホーム最終戦に臨んだサガン鳥栖はコンサドーレ札幌に0-2で敗れた。通算成績は10勝6分け17敗(勝ち点36)で、順位は14位のまま。

 首位横浜Mは川崎を4―1で下し、6連勝で勝ち点67。2位のFC東京は浦和と1―1で同64。優勝争いは12月7日の最終節の直接対決にもつれ込んだ。得失点差で横浜Mが7点上回り、FC東京の逆転優勝には4点差以上の勝利が必要になる。

 松本はG大阪に1―4で敗れて最下位に転落し、1年での降格が決定。磐田は名古屋に2―1で勝ったが、17位で5年ぶりの...    
<記事全文を読む>