サッカー・J1サガン鳥栖はリーグ戦第33節の30日、鳥栖市の駅前不動産スタジアムでコンサドーレ札幌との今季ホーム最終戦に臨み、0-2で敗れた。通算成績は10勝6分け17敗(勝ち点36)で順位は変わらず14位。16位湘南が勝利して勝ち点を35に伸ばしたため、J1残留の行方は7日の最終節に委ねられることになった。

 鳥栖は前半4分に先制を許した。後半は攻勢に出たがゴール前での精度を欠き、逆にロスタイムにも失点し力尽きた。

 最終節は7日にあり、鳥栖は午後2時から、静岡市のIAIスタジアム日本平で勝ち点で並ぶ15位清水エスパルスと対戦する。鳥栖は引き分け以上で自力での...    
<記事全文を読む>