◇明治安田J1第33節 FC東京1-1浦和

 「今季こそ」とサポーターも期待し、33節のうち22節で首位に立ってきたFC東京の「J1初制覇」の夢も、これでついえたのか-。

 前節の湘南戦は慎重になって引き分けたことで2位に後退。その反省からキックオフと同時に猛烈なプレスをかけ、攻め込んだ。しかし5分、6分、8分とあった決定的なチャンスで決めきれなかったことが響いた。逆に39分、それまでノーチャンスだった浦和にCKから先制点を許す。

 前半42分にディエゴオリベイラ、後半12分に永井が相次いで負傷交代。「これまで攻...    
<記事全文を読む>