J1参入プレーオフ(PO)の名場面となった2014年、磐田との準決勝での決勝点。ヒーローになった彼には一つの予感があった。「何かが起こる」。強いリーダーシップでクラブ2度目の昇格に導いた当時のGK、JFAアカデミー福島の山岸範宏GKコーチは「楽観的という意味ではなく、慌てないことが大事。同点の状態が続いたとしても必ずチャンスは来る」とエールを送った。

慌てず、チャンスは必ず
 5年前はシーズン途中の6月、初の移籍で山形に加入し正GKになった。終盤まで連勝はなかったが、「勢いではなく、やるべきことを全うすれば勝てる。その認識を共有し体現で...    
<記事全文を読む>