明治安田J1第33節の鹿島は30日、カシマスタジアムで神戸と対戦し、1-3で敗れて優勝の可能性がなくなった。リーグ3試合連続で白星なし。通算成績17勝9分け7敗で勝ち点を60から伸ばせず、同日勝利した首位横浜Mとの勝ち点差は7に開いた。

鹿島は前半14分にパスワークで崩されて先制点を献上。同29分は速攻を受け失点を重ねた。同40分、こぼれ球を拾った土居が左足シュートで1点を返したが、反撃はそれまでだった。

鹿島の最終節は、7日に敵地で行われる名古屋戦。(岡田恭平)

...    
<記事全文を読む>