今季、ルーキーながら65試合に登板してプロ野球ソフトバンクの3年連続日本一に貢献した甲斐野央投手(23)=兵庫県西脇市出身。常勝軍団のセットアッパーを担い、日本代表も経験するなど、プロ1年目から存在を誇示した。充実のシーズンを振り返り、快速球の原点や来年の東京五輪への思いを語った。(聞き手・山本哲志)

 

 -ドラフト1位で入団し、新人王を同僚の高橋礼投手と争った。

 「(入団時は)だいたいみんな『狙う』と言うが、本当に新人王争いができるとは思っていなかった。結果的には取れなかったが、驚いている」

 

 -...    
<記事全文を読む>