プロ野球界で飛躍を期す兵庫出身の若手選手が30日、地元でエールを受けた。ドラフト1位で楽天に入団した神戸国際大付高出身の小深田(こぶかた)大翔内野手は母校の激励会に出席し、決意を新たにした。

 神戸市内のホテルで開かれた「楽天入団を祝う会」に出席した小深田(大阪ガス)は「高校からやってきたことを信じ、1軍で活躍する姿を見せたい」と抱負を述べた。

 小深田は兵庫県佐用町出身で、神戸国際大付高時代は俊足堅守の内野手としてプレー。近大進学後に打力を開花させ、ドラフト1位の高評価につなげた。青木尚龍監督は「まじめという言葉を簡単に使えないほど、常に100パーセントの力を...    
<記事全文を読む>