東北楽天が新外国人選手として今季まで米大リーグ、ドジャースでプレーしたJT・シャーゴワ投手(29)と契約で基本合意したことが30日、分かった。正式発表は年明けになる見通し。
 今季パ・リーグ最多セーブを獲得した松井裕樹投手が来季は先発に再転向するため、球団は救援として期待している。
 シャーゴワは米国出身の右投げ投手。今季はドジャースで21試合に登板し、1勝0敗、防御率6.33だった。大リーグ通算では全て救援で85試合に投げて4勝5敗、防御率4.58。

...    
<記事全文を読む>