県内出身のプロ野球選手たちによる野球教室「こどもたちの未来へ、夢の架け橋プロジェクト 皇子山球場へ集まれ~in滋賀プロ野球会」が三十日、大津市御陵町の皇子山球場であった。幼児から中学生まで約千人が参加し、球界の一流選手たちから打撃や守備のこつを教わった。

 草津市出身で福岡ソフトバンクホークス所属の松田宣浩(36)、多賀町出身で東北楽天ゴールデンイーグルス所属の則本昂大(29)、草津市出身で中日ドラゴンズの石川駿(29)の各選手ら十三人が登場。打撃指導で松田選手は豪快なフルスイングを披露し「音が響くほど思い切りバットを振って」と話した。甲賀市出身で阪神タイガース所属の植田海...    
<記事全文を読む>