横浜市立大学(金沢区)から、初のプロ野球選手が誕生した。三吉央起(おうき)さん(23)=東京都品川区。7月に発足したばかりの沖縄初のプロ球団「琉球ブルーオーシャンズ」と契約を終え、「これからがスタート」と気持ちを引き締めた。

 (福浦未乃理)

 小学二年で地域の少年野球チームに入ってからいちずに続けてきた。高校は強豪校ではなく、甲子園は遠い存在だった。肩は強いが、制球力が定まらず、これといった強みを見つけられなかった。それでも、野球で生活していきたいと胸に秘めて続けてきた。

 レギュラーメンバーで活躍したいと、野球部員の少ない市立大に入学。ポジションは肩を生かせる...    
<記事全文を読む>