広島の中村奨が、母校・広陵高の中井監督からのエールに気を引き締めた。29日、同校であった野球教室に参加し、恩師に対面。「(来季1軍デビューできれば)うれしい知らせになると思う」と成長を誓った。

 2年前の夏の甲子園で1大会個人最多記録を更新する6本塁打を放ち、鳴り物入りで入団。しかし、2年間で1軍出場を果たせなかった。中井監督は「たまたま清原を抜いて(周囲は)本塁打と言うけど、プロの世界に入って、(本人も)感じているものがあると思う。来年は1軍を一回でも経験してほしい。僕が一番厳しいことを言ってやりたい」と教え子を激励した。

 中村奨は危機感を持つ。今オフは体力...    
<記事全文を読む>