草津市出身で、プロ野球パ・リーグの福岡ソフトバンクホークス(SB)所属の内野手、松田宣浩選手(36)による小学生向けの「ジュニア野球教室」が二十九日、同市下笠町の草津グリーンスタジアムであった。県内外の小学四~六年生ら三百四十人が打撃の極意などを学んだ。

 松田選手は、所属チームの白色ユニホーム姿で登場。児童の目の前で、打撃や守備のこつを伝授した。

 スイング練習では「球が当たってから力を入れてもだめ。音が鳴るくらい、勢いよく振って」と説明しながら、「ビュン」と風を切る、大迫力のフルスイングを披露。子どもたちは「おおー」と歓声を上げた。

 同市老上西...    
<記事全文を読む>