ベイスターズは来季、リーグ屈指の「左腕王国」を再建して22年ぶりの日本一を目指す。今季は、昨年の新人王・東の不調や浜口の負傷離脱が響いて2位に終わったが、ラミレス監督は来季もサウスポーを中心に先発ローテーションを組み立てる方針。「基本的に6割くらいは(先発投手が)左になる可能性が高い」と構想を語った。

...    
<記事全文を読む>