リーグ3連覇を狙う西武の辻発彦監督(61)が28日、来季の開幕投手は白紙であることを強調した。開幕戦は3月20日の日本ハム戦(メットライフドーム)。東京五輪の影響で例年より早い開幕戦での大役を巡り、新旧入り乱れての争奪戦を歓迎した。  「開幕投手の1番手に挙がるのはニールだけど、まだ分からない」。真っ先に指揮官の脳裏に浮かんだのは、シーズン外国人タイ記録の11連勝をマークした助っ人右腕だ。ニール自身も「開幕投手に選んでもらったら光栄」と前向き。球団では1995年の郭泰源以来となる外国人の開幕投手を務める資格は十分だ。  一方で、若手投手陣にも期待は大きい。今季、大役を務めた多和田は自律...    
<記事全文を読む>