広島の契約更改が終わり、育成を含む日本人65選手の来季の総年俸は25億7210万円となった。4年ぶりのBクラスに沈んだにもかかわらず、今季を2億円以上を上回り過去最高。複数の選手がフリーエージェント(FA)権を行使せず残留したことや、今季不調だった主力選手のダウン額を圧縮したことなどが影響した。1億円以上の選手は過去最多の8人となった=金額は推定。

...    
<記事全文を読む>