日本ハムは27日、札幌市豊平区の球団事務所で仕事納めをした。出席した栗山監督は、「来年の東京五輪では、(球団スポーツ・コミュニティ・オフィサーで日本代表の)稲葉監督を胴上げしましょう。(球団から代表選手を)一人でも多く出したい」と決意を述べた。

 チームは今季は、首位争いを演じた時期もあったが、5位に終わった。北広島市で2023年に開業予定のボールパークは建設予定地の造成工事が始まり、隣接する新駅の設置も決まるなど着実に前進しており、「新球場は長年のわれわれの夢。勝たないと皆さんに迷惑かけるので、来年は必ず勝つ」と意気込んだ。(安房翼)

...    
<記事全文を読む>