プロ野球・阪神タイガースにドラフト3位で指名され入団した匝瑳市出身の及川雅貴投手(18)が26日、太田安規市長を訪問した。長身左腕で、最速153キロの速球と多彩な変化球のコンビネーションが武器の及川投手。「小さい頃からの夢だったプロ野球選手にようやくなれた。精いっぱい練習して、なるべく早く1軍で投げられるように頑張りたい」と意気込んだ。

 及川投手は小学生時代に地元少年野球チーム「須賀スポーツ少年団」に入団。中学進学を契機に硬式野球チーム「匝瑳リトルシニア」に入り、15歳以下の国際大会「2016 WBSC U-15ベースボールワールドカップ」に日本代表選手として出場。大会最...    
<記事全文を読む>