北海道日本ハムファイターズが道内の少年野球場の修繕・整備を援助する「ダイヤモンド・ブラッシュ」プロジェクトに、室蘭市少年野球場(神代町)が選ばれた。クリスマスイブの24日の発表に、室蘭の関係者からは「いいプレゼント」「長年使える球場にしたい」と喜びの声があがった。

 元日ハム選手らが子どもに野球を教える「ファイターズベースボールアカデミー」の活動で、各地の少年野球場が老朽化し、大会を開くことすら難しくなっている地域があることが分かり、同事業が立ち上がった。10月に募集し、道内18球場が応募。老朽の度合いや大会や練習での使用頻度などを基準に、室蘭と札幌、滝川の3球場を選んだ。...    
<記事全文を読む>