西武は23日、昨季16勝で最多勝のタイトルに輝いた多和田真三郎投手(26)が自律神経失調症であることを発表した。9月に頻脈性不整脈と診断されたと発表していた。今季は12試合に登板して1勝6敗、防御率5・83だった。渡辺久信ゼネラルマネジャー(GM)のコメントは以下の通り。

 「当球団の保留選手の中で唯一契約更改が行われていない多和田真三郎投手の病状について、本人の同意も得られましたので、皆様にお伝えします。

 同投手は本年9月に頻脈性不整脈であることを発表し、治療に専念していますが、本日はその原因が自律神経失調症であることを改めて公表させていただきます。

...    
<記事全文を読む>