海外フリーエージェント(FA)権を行使して米大リーグ移籍を目指す西武の秋山翔吾外野手(31)が22日、日本代表として出場した10月31日のカナダとの強化試合で骨折した右足薬指の回復を「フルスイング解禁」でアピールした。

 地元の神奈川県横須賀市での野球教室。ロングティーで「つい欲が出た」と力強い打球を放ち、故郷の後輩となる子どもたちを喜ばせた。「見せたいと思ってしまうと、つい…。(医者に)怒られない程度ではあるけど」と苦笑いした。

 去就の決定時期については「何も言えない。分からないです」と話すにとどめたが、死球を受けて骨折した右足のリハビリは慎重...    
<記事全文を読む>