プロ野球界で活躍する佐賀県出身の選手たちによる野球教室が22日、小城市の牛津体育センターで開かれた。雨のためグラウンドから会場を移し、キャッチボールなどの基礎的な練習になったが、県内の小中学生約350人が一流選手と間近に接して一球、一振りに集中する心構えを学び、プロ選手になるという夢を膨らませた。

 パ・リーグを2年連続で制した西武ライオンズの山田遥楓内野手=佐賀工業高出身=や、広島カープの長野久義外野手=基山中出身、日本ハムファイターズの柿木蓮投手=多久中央中出身=ら現役、OBの15人が指導した。

 いずれもプロ野球県人会(会長・迎祐一郎広島カープ打撃コーチ=...    
<記事全文を読む>