プロ野球ソフトバンクの泉圭輔投手(金沢市出身)が21日、白山市乾町のレオン白山フットサルガーデンで、かつて自分が所属した学童野球クラブ「三馬クラブ」の野球交流会に参加し、後輩たちとキャッチボールなどで触れ合った。
 金沢星稜大からドラフト6位で入団し、1年目の今季1軍で2勝(0敗)を挙げた泉投手は「意識を持って練習に臨むことが大切。キャッチボールのような地道な練習の積み重ねで周りと差をつけて」と激励した。
 練習後は児童から泉投手に花束や寄せ書きが贈られた。参加した能美誠也主将(三馬小6年)は「自分もプロ野球で通用する技を身に付けたい。中学校でも野球を頑張りたい」と...    
<記事全文を読む>