【ホノルル(米ハワイ州)小畑大悟】西武の外崎修汰内野手(26)が19日(日本時間20日)、攻守で師匠の楽天・浅村超えを誓った。2020年の目標はゴールデングラブ(GG)賞と東京五輪金メダルの“ダブルゴールド”。入団以来の師匠であり、セカンドのライバルでもある浅村に負けていられない。

 「(GG賞は)入団してからずっと憧れだった。打撃だけではなく、守備でももっともっと近づきたい。いつかは(浅村に)勝ちたい気持ち」

 リーグ2連覇とプレミア12優勝に貢献した外崎は、その先を見据える。西武から楽天へFA移籍した浅村に代わり、今季は二塁が主戦場だ...    
<記事全文を読む>