今季2年連続でセ・リーグのセーブ王を獲得したDeNAの山崎康晃投手(27)が20日、将来的な米大リーグ挑戦の意向を球団に伝えたと明らかにした。横浜市内の球団事務所で契約交渉を行い、1億円増となる年俸3億5000万円で更改した後に記者会見し「いつかは挑戦したい。来季は日本一を目指すが、延長線上に僕の夢がある」と語った。

 海外フリーエージェント(FA)権の資格条件を満たすのは早くても2023年シーズンで、それ以前にメジャーへ移籍するためには球団の了承を得てポスティングシステムを利用する必要がある。「球団の考えもあるのでタイミングは一概に言えないが、健康な状態で行けたらベスト。...    
<記事全文を読む>