長浜市高月町出身で、プロ野球のドラフト会議で阪神から五位指名を受けて入団した藤田健斗捕手(18)が十九日、長浜市役所を訪れ、藤井勇治市長に入団を報告した。

 藤田捕手は、小学二年から地元の高月野球スポーツ少年団で野球を初め、中学時代は彦根市の軟式野球のクラブチーム「彦根JBoy,s」(現滋賀ユナイテッドJBoy,s)でプレー。中京学院大中京高(岐阜県瑞浪市)では主将を務め、今夏の甲子園大会ではチームを初の四強に導いた。

 この日は、父・実さん(47)と長浜市役所を訪問。藤井市長から花束を手渡され、市が用意したボールにサインと背番号59を書き込んだ。ボールを受け取...    
<記事全文を読む>