例年になく盛り上がりに欠けた日本シリーズだった。プロ野球日本一を決める頂上決戦は、ソフトバンクが赤子の手をひねるように4連勝で巨人を一蹴。工藤監督が3年連続で宙を舞う姿を眺めながら記者は思った。

 「セ・リーグはこのままでいいのだろうか? パ・リーグとの格差はますます広がっているのではないか」

 王、長嶋両監督が率いて「ON対決」と話題となった2000年以来の顔合わせ。熱戦を期待したファンを裏切るように、巨人はあっけなく終戦。攻守でほころびが目立ち、ソフトバンクとの力量の差は歴然としていた。

 リーグ2位のソフトバンクは、クライマックスシリーズ(CS...    
<記事全文を読む>