プロ野球の埼玉西武ライオンズに入団する厚木市出身で東京・日大三高投手井上広輝さん(18)が17日、小林常良市長らと市役所で面会し、プロ入りを報告した。

 井上さんは市立南毛利小学校、南毛利中学校を卒業。高校では最速152キロの直球を持つ本格派右腕として注目され、今秋のドラフト会議で西武から6位指名を受けた。井上さんは「高校生活は厳しかったが、乗り越えられ、ドラフトにかかってうれしい。小さい頃からの夢がかなう。プロでも全力で取り組みます」と力強く抱負を語った。

 市長は「自分を忘れず、大事にしていれば希望も出てくると思う。ぜひ、やり遂げてほしい...    
<記事全文を読む>