プロ野球広島にドラフト5位で入団した天理大の石原貴規=ともき=(21)は、身長173センチと球団の新人9選手中で最も小柄ながら、リード面やスローイングに定評のある実戦型捕手だ。「長くチームを勝ちに導けるキャッチャーになりたい」と活躍を誓う。(山本哲志)

 兵庫県宝塚市出身。小学生時代は硬式チーム「宝塚リトルリーグ」に所属し、昨年のドラフトで広島に1位指名された小園海斗(報徳高出)は3学年下の後輩だ。「体がでかくなればプロに行くやろなと思っていた」と、当時から目立っていた小園とは違い、石原貴は飛び抜けた存在ではなかった。

 中学時代の「甲子園シニア」では控えも味わ...    
<記事全文を読む>