日本ハムの稲葉篤紀スポーツ・コミュニティ・オフィサー(SCO、47)が15日、札幌市内で開催された北海道野球協議会主催の「ベースボールセミナー」で講演を行った。日本代表監督を務める稲葉氏は「東京五輪を見て憧れや興味を持ってくれる子が出てくると思う。ジャパンは勝つことが大事」。競技人口が減少する現状を打破するため、金メダル獲得を強く誓った。

 野球の普及と発展のため、全力疾走を貫く。講演を行った稲葉SCOは、聴衆となった道内アマ野球関係者約200人に熱く訴えた。「SCOとしてスポーツの競技人口を増やしたい。そこから野球の楽しさを知ってもらい、始める子どもが増えてくれたらいい」...    
<記事全文を読む>