ソフトバンクから国内フリーエージェント(FA)権を行使し、千葉ロッテに移籍した福田秀平外野手が15日、千葉市美浜区のホテルで入団会見を行い「井口監督を胴上げするため、できることを精いっぱいやりたい」と意気込んだ。

 4年契約で年俸は1億2千万円、総額は出来高含みの6億円。背番号は楽天にFA移籍した鈴木大地内野手が今季まで付けた「7」に決まった。

 福田は俊足の左打者で、内野も守れる器用さが武器。宣言残留を認めたソフトバンクを含めた6球団による獲得競争をロッテが制した。福田は「井口監督と鳥越ヘッドコーチに何度も電話をいただき、とてもうれしかった」とロッテの熱意が入...    
<記事全文を読む>