今秋のプロ野球・ドラフト会議で、東北楽天ゴールデンイーグルスから三位指名された、鎌ケ谷市出身の津留崎大成投手(22)=慶応大=が十二日、市役所を訪れ、清水聖士市長に入団を報告。「一人一人の打者と向き合いながら、気迫で負けないようにしたい」とプロでの活躍を誓った。

 津留崎投手は150キロを超す速球と、カットボールなどの変化球が持ち味の本格派右腕。兄の影響で五歳ごろから野球を始め、鎌ケ谷市内の小中学校を卒業後、慶応高・大へ進学。高校三年時に右肘の手術をしたが、筋肉トレーニングなどに励み、大学二年で投手に復帰した。

 抱負として「チームの勝利に貢献する投手になりたい...    
<記事全文を読む>