【中標津】昨年締結された北海道日本ハムと町とのパートナー協定に基づく、初の野球教室が8日、中標津東小の体育館で開かれた。小学生が元日ハム選手でファイターズベースボールアカデミーの須永英輝さん、市川卓さんから、投げ方、打ち方、守備などの基礎を教わった。

 参加したのは中標津町の4チームの5年生23人と、弟子屈町の1チームの11人の計34人。元投手の須永さんは、ボールの正しい握り方、軸足にしっかり体重を載せる方法など投げ方の基本を丁寧に説明。キャッチボールをする選手たちに「相手のとりやすい所に投げて」と声をかけていた。

...    
<記事全文を読む>