日本ハムの近藤健介外野手(26)が13日、札幌市内の室内練習場で汗を流した。キャッチボールには来季、新たに使用を検討している黄色のグラブを使った。

 今季は黒色や紺色といったグラブを主に使用していたが、「来年は黄色でいきます。ド派手に」とイメチェンすることを明かした。

 来季へのテーマは「新」としている。今季は最高出塁率のタイトルを獲得したものの、チームが苦しかった8月に個人成績が下降。技術面を含めた変化の必要性を感じたといい、「新しいものにトライしていきたい。新しい近藤健介を見せられたら」と話した。新たな商売道具の選定もその一環。さまざまな面において、変化を求...    
<記事全文を読む>