■福岡でトークショー

 周東アピールはノムさん流“陽動作戦”! 侍ジャパンの稲葉篤紀監督(47)が12日、福岡市内でトークショーを行い、初優勝した国際大会「プレミア12」で足のスペシャリストとして活躍した福岡ソフトバンクの周東佑京外野手(23)についてメディアを通じてライバル国に情報戦を仕掛けていたことを明かした。

 同大会で参加選手中トップの4盗塁を決めた周東は、侍の切り札として存在感を発揮。その注目の高まりを稲葉監督は武器に変えた。「佑京の名前をどんどん出してメディアが使ってくれたら、相手に情報としてインプットさせられる。そのため情報発...    
<記事全文を読む>