米大リーグ・マリナーズなどでプレーし、三月に現役を引退したイチローさん(46)が大会長を務め、出身地の豊山町を主会場に開かれてきた「イチロー杯争奪学童軟式野球大会」(中日新聞社共催)が、今年を最後に二十四年の歴史に幕を下ろすことになった。二十二日には同町社会教育センターで、イチローさん本人が出席して二十四回大会の表彰式が行われるが、こちらも最後の開催となる。

 主催するNPO法人「JBS豊山」によると、イチロー杯は「野球の底辺を広げたい」というイチローさんの思いに地元が協力し、一九九六年に約九十チームが参加してスタート。当時オリックスに所属していたイチローさんが、大リーグに...    
<記事全文を読む>