その年の世相を表す「今年の漢字」に「令」が選ばれたことを受け、日本ハムの大田泰示外野手(29)が12日、自身の躍進の年を表す1文字として名前にもある「示」を選んだ。今季は主力としてチームをけん引し、キャリアハイの成績をマーク。オフの契約更改では年俸1億円(推定)に到達し、一流の仲間入りを果たした。確かな存在感を示した充実の1年を通過点とし、来季以降さらなる高みを目指す。

 しばらく悩み、パッとひらめいた。大田は色紙に筆を走らせ「示」の字をしたためた。その心は「自分の存在をしっかり示せたかなと。前のチームにも自分の存在を分かってもらえたんじゃないかな。たまたま自分の名前にもあ...    
<記事全文を読む>