西武に14年ぶりに復帰する松坂大輔投手(39)が11日、東京都内で入団記者会見し「ライオンズに戻ってこられて家に戻ってきた感覚。米大リーグに行く時、戻ってくるときはライオンズなんだろうなと漠然とは思っていた。最後はここなんだなと今は思っている」と西武で現役生活を全うする覚悟を語った。

 背番号16のユニホーム姿も披露し「西武の16番を着けてきた選手はみんな成績を残している。続けるようやっていきたい」と活躍を誓った。日米通算200勝まで残り30勝。「僕自身も終わりというものがだんだん近づいている中で、達成したい気持ちが強くなっているのは確か」と表情を引き締めた。

<記事全文を読む>