【宜野湾】プロ野球の新人選手選択会議(ドラフト会議)で、オリックスバファローズからドラフト1位指名を受けた興南高の宮城大弥(ひろや)投手(18)(志真志小―嘉数中)が10日、母校の宜野湾市立志真志小学校(加納貢校長)を訪れた。宮城さんは講話で「目標を持つことが大事で、それが夢につながる」と児童らに語り掛けた。


 家庭が裕福でなく、野球のユニホームがつぎはぎで食事にも事欠いていたという宮城さん。子ども時代、父がビニール製のグローブを柔らかくしようとレンジで温め溶けてしまった出来事を紹介し「大泣きした」とユーモアを交えて話すと、会場の笑いを誘った。
<記事全文を読む>