来季14年ぶりに古巣復帰する西武の松坂大輔投手(39)が11日、東京都内のホテルで入団会見を開いた。紺色のネクタイを締めて登壇。「とにかく早くライオンズのユニホームを着たいなと思っている」と語った。

 古巣復帰を決意した経緯については「すぐに声をかけていただいたのはライオンズ。何にも迷うことはなかった」と説明した。「ライオンズに戻ってこられたのは家に帰ってきた感覚」と話した。

 松坂は1999年にドラフト1位で西武に入団。2006年オフにポスティングシステムを利用し、米メジャー・レッドソックスに移籍した。15年にはソフトバンクで日本球界復帰。18年からは中日でプ...    
<記事全文を読む>