ヤマハ野球部は10日、2020年度の新体制と新加入選手を発表した。室田信正監督のもと、新たに長谷川雄一外野手が野手コーチ兼任、佐藤二朗内野手は野手コーチ専任となる。井上結貴内野手ら3選手が退部する。内定選手は大本拓海捕手(掛川西高出、立命大)、清水蓮投手(共栄大)、永浜晃汰内野手(東北福祉大)の3人。
 大本は打てる捕手として期待される。掛川西高で1年時から4番を担い、高2夏の静岡大会は準優勝に貢献した。立命大ではDeNA入りする左腕坂本とバッテリーを組み、今春の全日本大学選手権に出場。関西学生野球春季リーグのベストナインに選ばれた。
 清水は最速149キロの本格派...    
<記事全文を読む>