「世界一のクロ-ザ-」の次なる夢はメジャ-リ-ガ-だ。ベイスタ-ズの山崎康晃投手(27)が10日、大和市立大和中学校を訪問して「夢先生」として特別授業を行い、米大リ-グに「いつか挑戦したい」と自身の夢を披露した。

 日本サッカ-協会が子どもの育成を目的に展開する「こころのプロジェクト」の一環で、同校の2年生34人に対し、右腕は自身がプロで活躍するまでの歩みを振り返りながら、挑戦し続ける大切さを伝えた。

 亜大在学中、高校の社会科の教員免許を取得している山崎は同プロジェクトに4年連続で参加。3年前の授業で記した自身の夢は「世界一の守護神」だったが、それは今年11月...    
<記事全文を読む>