プロ野球広島は12月9日、広島県広島市内のホテルで育成を含む新人9選手の入団記者会見を行った。ドラフト6位指名を受けた玉村昇悟投手(丹生高校)は「ストレートで勝負したいので、どんどん磨いていきたい。日本一に貢献できるピッチャーになりたい」と意気込んだ。育成2位指名の木下元秀外野手(敦賀気比高校)は「自分は長打力が魅力。打率を残せるようなバッターになりたい。一日でも早く支配下登録されたい」と抱負を述べた。

 前田健太投手が米大リーグのドジャースに移籍した2016年から空き番号となっていた、エースナンバーの「18」を受け継ぐドラフト1位の森下暢仁投手は「開幕ローテーションに入っ...    
<記事全文を読む>